教育・保育活動

クラス毎による教育・保育

 ・国によって既に完全学齢となっております。

     4月1日現在の歳児によって学年が決定いたします。

 ・0歳児クラスから5歳児クラスまで、計6つのクラスに

   分けることにより、きめ細かい目標・目的がクラス別

   個人別に設定することが可能となります。

 

読み、書き、計算、体操等

 主に上記の内容を主体にして、各クラスの教育・保育内容を

構築しております。

 保護者が教育・保育できない分をすべてカバーすることは

できませんが、育児と仕事等の両立を「本質的」に確立するべく

取り組んでおります。

 

※当施設では、学校偏重型の教育に危機感を抱いている

 野依博士の論説にほぼ賛同しております。

 野依博士・日本の教育に危機感、2019年6月25日(出稿:THE PAGE)

 家庭における子育てが基礎基本であり、その土台に

 対外施設での教育層が上積みされるものと考えております。

 よって、施設教育等が家庭内でも同様、それ以上に

 考えられ且つ、実践可能かどうか。この部分は

 当施設利用における選定条件の一つです。

 

※当施設では、学習帳等においてヨコミネ式教育を取り入れております。

 

昼寝・午睡について

 4歳・5歳児クラスは原則昼寝をいたしません。

 小学校1年生でも、給食後に授業があります。

 先々の事を考慮しながら日々の活動を展開しております。

 

知的若しくは身体的障がい児童の受け入れについて

 当施設では細かい面談等も含めた対応によって、

 受け入れたいという気持ちがあります。

 ※医師の診断において、集団活動に問題が無いと判断

  された場合に限ります。

 

食物アレルギー児童の受け入れについて

 提携医療機関による「入所前健康診断書」及び

  「食物アレルギー疾患管理指導表」が必須です。