利用FAQ

質問①

 「慣らし保育」はありますか。

 乳児部は平日10日間。幼児部は同5日間を目安に実施して

 おります。

 平成27年度より「子ども・子育て支援新制度」等の関係法令に

 基づいた諸活動を、さらに実施してまいります。その一つとして

 当該保育に関しましてもしかるべく方法において実施させて

 いただきます。

 当施設では、未就学期間(6年間)を「認定こども園」として

 継続・持続的に捉えております。 よって、当該期間(長期)に

 わたっての「教育・保育活動」を実施する上での、いわば

 「準備期間」として考えております。

 大人同様、環境の異なる場所においての不安や恐怖等は、

 子供とて遥かに凌駕するほどの「負担」として重くのしかかる

 時期でもあります。個人差はございますが、当施設では

 入所早々からの、いわゆる「託児所的受け入れ」は行いません。

 ご理解とご協力をお願い申し上げます。

質問②

 食物アレルギーがあるのですが。

 向かいの「いわつき小児科クリニック」にて

 「アレルギー疾患管理指導表」を基に診断等受けて下さい。

 除去品目が複数の場合、ご飯提供のみとし主菜等はご持参と

 なることがあります。

質問③

 慢性疾患があるのですが。

 学則添付「慢性疾患対応相談申請書」を記載されたのち、

 施設側と協議させていただきます。

 気管支拡張シールや、ステロイド配合のプロペトの貼り付けや

 塗布程度でしたら対応が可能です。その際、慢性疾患として

 医療機関診断結果(入所前健康診断書等)を確認させて

 いただきます。さらに、同疾患に対する特殊な対応方法等が

 あった場合、それらも確認させていたただく事があります。

質問④

 (知的・身体に)障がいがあるのですが。

 差別や区別が生まれない環境を取り入れている施設です。

 医療的なケアや行為はできまねますが、日常活動において

 どのようなサポートが必要なのかも含め

 いわつき小児科クリニックの「入所前健康診断書」又は

 かかりつけの専門医療施設等の診断書等をご準備ください。

 また、医療機関やサポートセンタ―等に通われている際には

 通われている施設からの証明書を添付して下さい。

 ※さいたま市の療育センター含め連携している施設です

質問⑤

 育児休業を取得した場合の

 「短時間認定時間」への移行日を教えてください。

 育児休業開始日からとなります。その前日にあたる

 (産前)産後休業終了日までは、直前の保育必要区分内

 での利用ができる施設です。

 逆に、復職からの保育必要区分時間の利用開始は

 育児休業最終日の翌日にあたる復職日となります。

 それらの確認方法は、施設書式の

 ・育児休業証明書

 ・復職証明書

 ※その他行政提出書類※施設提供同意に基づきます。

 によって、確認させていただき対応させていただいて

 おります。

質問⑥

 まだオムツがとれないのですが、大丈夫ですか。

 また(他の子と比べて)走り回ったりして落ち着きが

 ないのですが、大丈夫ですか。

 前者におきましては、成長は1人ひとり違うという認識の下、

 ゆくゆくは取れるように家庭と施設が一体となって

 頑張ってまいりましょう。と、いう考えのところです。

 後者におきましては、オンオフのようなメリハリを、子供自身が

 わかるように一つ一つを確実にクリアしてまいりましょう。

質問⑦

 施設外へ遊びに行ったりするのですか。

 保育(所)園や幼稚園が園庭を利用するように、当施設も

 外へいきます。公道へ出ますので、交通ルールや

 社会マナ―等も小さい時から培える良い活動であると

 考えております。

 平成26年度4歳児~5歳児クラスは、岩槻文化公園まで

 歩いて遊びに行くことができました。このクラスで、この距離を

 踏破でき且つ、遊べる体力は、小さいクラスから

 培ってきた結果であるとご査収していただければ幸いです。

2021(令和3)/2/13追記

園庭代替地(距離順) 

 乳児部(0歳児~2歳児クラス)

  ①岩槻駅周辺(東口、西口)

  ②多目的広場(旧39広場)

 幼児部(3歳児~5歳児クラス)

  ①多目的広場

  ②裏小路公園

  ③仲町りんどう公園

  ④岩槻城址公園

  ⑤岩槻文化公園(槻の森公園)

質問⑧

 直接契約書の中で、利用時間を選択する部分が

 あるのですが、ここは自由に選択をして良いのですか。

 行政より決定された世帯の保育認定区分

 「保育必要量(標準時間・短時間)」の範囲内で

 選択・記入する項目です。

 行政より決定された利用区分を超えての

 時間選択及び記入することは出来ません。

 ※たとえば「短時間認定」されての「標準時間」への変更等は、

  行政によって認められないと短時間の世帯が標準時間への

  変更はできません。

  前月の15日までに、行政にその旨の変更書類が提出

  されないと翌月からの上記変更等は実施できないとの

  ことです(岩槻区区支援課談)。

  変更申請等の方法や必要書類等は、行政から送付された

  利用承諾書、支給認定証等と同封されておりますので

  あわせてご確認下さい。

  2015(平成27)/2/19追記

  現在「育児休業中」によって、支給認定区分が「短時間」且つ

  4月より復帰しての「標準時間」に変更される世帯に

  おきましては現段階における行政発行「支給認定証」に

  おいては「短時間」となっており、必ずしも上述に

  当てはまらない事があります。

  現在、育児休業中における「短時間」認定されている世帯に

  つきましては、利用初月から「標準時間」への変更申請を、

  しかるべき期間において行政に行って下さい。

  2021(令和3)/2/13追記

  最近「育児休業中」世帯の保育必要区分が標準時間として

  行政認定されております。

  世帯が支払う利用者負担額は、短時間よりも標準時間のほうが

  高くなります。

  もし、入所月に復職しない場合、短時間に認定変更したほうが

  いいケースが多発しており、施設として事前に把握し変更を

  促すサポートを実施しております。

  それとともに、入所月に復職しない世帯のための変更案内を

  作成・配布等するようさいたま市と岩槻区の担当部署に

  技術的助言をしております。

質問⑨

 入園する前に「見学・説明会」に参加する必要がありますか。

 行政へ利用申込書を提出する前に「施設見学・説明会」に参加され

 ているかどうかの条項が施設利用契約書に含まれております。

 昨今の、子供に関連する事故や事件の多発化も考慮した上でも、

 

 ●長時間、子供を預かる施設として、一体何を行っているか。

 ●子供を預かる上で、養育者(親)として必要な事は何なのか。

 ●施設を利用するにあたり、どのようなルールがあるのか。

 ●その他気になること。

 

 という大別すれば4種類の事項は保護者として、

 事前に把握される必要があるのではないかと考えております。

 認定こども園は「幼児期の学校教育と保育」という定義の下、

 活動をしております。特に、当施設ではよく報道等されている

 

 ・児童に対する不誠実な対応

 ・保護者に対する高圧的、抑圧的な対応

 ・教職員への適正な処遇改善と就業環境の改善と維持

 ・行政定例監査指導含む関係法令の遵守と履行

 

 2015年施行「子ども子育て支援新制度」施行以前より

 認定こども園へ移行し、従前より比類なき適正な運営と活動を

 考え執り行っている施設です。

 園庭は無いものの、逆に他施設とは違うより良きものも、存在

 しえるかも知れません。

 そういった事も含め、入所後におけるミスマッチを防止すること

 がベストではないかと考えております。

 最終的に子供が一番迷惑するのが一番つらいと思っています。

 本当に当施設に入りたい世帯児童の入所を考えて可能な限りの

 手を尽くしております。

 2021/4/21追記

 行政へ利用申し込み時に提出する「保育施設利用申込書」の

 利用希望保育施設欄への当施設記載は、利用申し込みする前に

 施設見学説明会に参加された世帯となります。

 また利用申し込み時に、申請された窓口部署が当施設へ確認の

 連絡をすることがあります。 

質問⑩

 雨天の場合も、散歩へ行くのですか。

 雨天時は、施設外へは出ません。ただし、遠足等において

 雨具を事前に持参している活動等においては、その限りでは

 ありません。

 通常活動時における、施設外活動の可否判断は、

 小学校や中学校の校庭利用と同様に考えております。

質問⑪

 薬を投与(飲み薬、塗り薬)してもらいたいのですが。

 当施設では「飲み薬、塗り薬」等の、児童への投与は致して

 おりません。飲み間違い等による「薬物投与事故」を未然に

 防止する目的です。

 向かいの「いわつき小児科クリニック」では保護者の申し出に

 応じて、服薬を朝晩等に集約できる考えをお持ちのドクターの

 一人です。一度来院・相談されてみてください。

質問⑫

 育児休業に入った場合、退園となるのですか。

 内閣府、厚生労働省、文部科学省、埼玉県及び 政令市より、

 当該事由発生時における退園措置の指針等は出ておりません。

 よって、当該事由による退園は有りません。

質問⑬

 おもちゃの種類が少ない気がしますが。

 当初より整理整頓し、衛生管理を徹底しておりますので

 あまり表に出しておりません。

 また、順番や貸し借りなどのルールを学ぶ機会を多く持たせて

 いる施設です。ルールなき自由とか無秩序とならぬよう

 「足るを知る」ということも重要と考えている施設です。  

質問⑭

 4月生まれなのですが、学齢制クラスよりも一つ上の学級には

 在籍できませんか。

 当施設は公教育同様に完全学齢制を展開しております。よって

 上述のような行為は一切できません。

質問⑮

 卒園児童の主な進学先を教えてください。

 公教育(義務教育課程における初等学校)接続活動を

 展開している「認定こども園」です。

 現に公立学校以外の進学実績があるかも知れませんが

 当該情報を公表するに資する同意を利用世帯より

 いただいておりませんので御了承下さい。

質問⑯

 駐車場はあるのですか。

 向かいの区役所が入っている建物の駐車場に限り

 減免を行っております。

 ※減免利用ではチャイルドシートを装着し当該児童に

  利用する等の誓約書があります。

 ※減免とは、駐車時初期料金(例:¥○○○/●●分)の

  ことを指します。

質問⑰

 セキュリティーはどのようになっているのでしょうか。

 一部エリアを除き、食に関するエリア。

 施設外玄関、午睡場所も含め、録画機能付きカメラを

 設置及び稼働をしております(導入先:セコム㈱)。

 日頃のケガや、万が一のトラブルに対応できうるように

 録画保存も数か月単位で実施しております。

 ※プール実施スペースも設置済み

質問⑱

 入園金(入学金)はありますか。

 ありません。  

 当施設は、認定こども園定義「幼児期の学校教育と保育」に

 基づき活動を展開しておりますので

 私学的自由精神等を持ち合わせている施設ではありません。

質問⑲

 施設見学説明会で、途中退席等しました。

 途中退席等された世帯として施設で記録いたします。

質問⑳

 役所や周囲から「厳しい施設」と聞きました。

 ・利用時間を守る

 ・期限内に提出(利用料納付)する

 ・感染症罹患時の登園許可(申請)書を提出する

 ・禁止衣服(フード付き、裾/袖が長い、ひも付き)を

  持参しない

 ・反社会的勢力関係者の排除

 主だってこれらがせいぜい該当すると思慮します。

 ルールがなければ、なんでもありになってしまいます。

 よって、社会一般的且つ最低限のルールを

 構築している施設です。特段難儀なルールでは無いかと

 承知しております。

 ただ、これらのルールは全て養育者に関わっているところから

 単なる託児的。平易で安易且つ、とにかく自分の時間が

 欲しい。そういう至便的事由でのみ、施設入所(利用)を

 突き動かされている養育者にとっては、非常に厳しい施設と

 とらえられても仕方がありません。

質問㉑

 衛生管理にかなり努めておりますが、過去と比べどうですか。

 エアコンや換気装置にはフィルターを装着し、埃等の拡散を

 抑止しております。

 また、壁紙式の壁面からメラミンパネルに改修したため

 日常清掃できれいにしやすくなりました。

 2019年の平成から令和に変わる10連休において上記も含め

 改修工事を実施いたしました。

 改修工事後は、特に強制換気と乾燥期の加湿に注力して

 おります。通常乾燥期60%。外気20%台の乾燥日でも

 ほぼ50%はクリアしております。

 特に2020年前半から2021年2月現在、新型コロナウイルス

 感染症罹患者が児童や施設関係者双方で発生や蔓延をして

 いないことを踏まえ、有意義な設備改修をベストな

 タイミングで実施して安堵しております。

 時期的なプール熱やウイルス性胃腸炎も、コロナ感染前に

 おいて既に低減しております。

 また、世帯側の日常生活での注意力が高かったことが

 今の結果に大きく結びついているのかと思っております。

 認定こども園直接契約という一種の利用者線引きとも揶揄

 される項目ですが、一定の理解の基に利用契約を締結して

 いることで、有事において、マスク等の制約制限は

 かなり厳重で酷なことと捉えております。最終的に普通に

 利用ができる施設として、一定の認識がある施設としての

 線引きが、2015年施行より6年度目にあたる2020年度にて

 実証且つ達成できたことは、管理者として何よりもの昇華と

 捉えております。

 2021年度からの新たな周期を迎えるにあたり、大いなる期待

 と、若干とはいえない一抹の不安を抱えて努め務めてまいり

 たく存じます。 

質問㉒

 理念等は何かありますか。

 教職員行動規範

  ・児童に対して

   ①教職員(大人)の都合で活動を展開しません

   ②児童の意思に寄り添わず、無理やり、強引な活動を展開

    しません

  ・保護者(養育者)に対して

   ①「新米お母さん・新米お父さん」ということでの

    マウントはいたしません

   ②プラスもマイナスもしっかり話し合える関係性を築いた

    上で、信頼性を高めていきます。

 施設運営規範

  ①児童に対して

   児童が第一義的顧客であることを踏まえた運営を

   いたします

  ②保護者(養育者)に対して

   未就学児童という、まだ判断などできない状況を踏まえ

   包み隠さずありのままを説明し責任を果たします

  ③教職員に対して

   児童の確実な育成に着目した活動が展開できるよう育成

   指導いたします

質問㉓

 2021年度からの英語活動はどのような内容ですか。

 各クラスの成長に合わせた活動を展開いたします。

 0歳児から1歳児クラスは各10分。

 2歳児から5歳児クラスは各20分を目安にしております。

 「英語という言葉に慣れ親しむこと」を第一に展開し、

 ベビーサイン、発声、書きなどの分野に接続・発展して

 いければと考えております。

 本活動は、講師による月2回の活動となります。

 今後、児童の習熟状況を確認したのち、日常の活動において

 「慣れ親しむこと」を主軸に、フラッシュカードや

 歌。音楽などを展開していこうと考えております。