費用、時間等

2021年度版

 1.実費徴収

    1号~3号児童
     ・災害共済給付共済掛金保護者負担金:¥315/入所月のみ
    2号児童
     ・副食費:¥4,500/月
     ・主食費:¥1,000/月

2.施設活動費

    1~3号児童
     ・英語単元活動費:¥900/月

3.クラス教材費

  ※入所時負担として表記
    0歳児~1歳児クラス
     ※連絡帳、シール帳、施設外活動帽子、名札
     ¥2,210
    2歳児クラス
     ※(連絡帳、シール帳、施設外活動帽子、名札、道具箱)→①
     ¥6,080
    3歳児~5歳児クラス
     ※(連絡帳を除いた①、体操服、ピアニカ、ヨコミネ式ドリル)
     ¥18,660

 

施設時間

1.開所時間

  ・平 日 7時~20時
  ・土曜日 8時~18時

2.短時間区分(8時間)

  ・平 日 8時~16時
  ・土曜日 8時~16時

3.標準時間区分

  ・平 日 7時~18時(11時間)
  ・土曜日 8時~18時(10時間)

4.延長時間帯

  ・平 日 18時~20時
 

延長料金

1.夕食代

  ※19時を超えた利用の場合(任意提供)
  ¥4,000/月

2.一時延長(超過)

  ※短時間認定の場合、8時間を超えた場合に請求いたします
  ※標準時間認定の場合、11時間を超えた場合に請求いたします
  ※公共交通機関発行の遅延証明書提出により請求免除となります
  ¥400/30分

 

休所日

 ・日曜日、祝祭日、年末年始
 ・職員働き方改革による土曜利用休止日(今年度はありません)

 

その他

 ①各クラス「朝の会」が午前9時より開始いたします。
  児童が朝の会に取り組めるように、前もって登園する必要が
  当施設は特にあります(認定こども園定義に基づく活動)。
  遅れてくると、その都度、登園時の体調等を確認(検温等)
  するため、進めていた活動をストップさせて対応しなければ
  なりません。
  常態ではない上記事象も含め、決められた時間までに
  登園ができるかどうか。利用前の(直接契約による)
  施設契約書にも記載しております。常態である無いに
  関わらず、種々の施設ルールを守って、他の利用者との
  協調性あるご利用を求めております。
 
 ②処方薬も含めた服薬・服用は、他児童への飲み間違い防止の
  観点より、実施いたしておりません。(慢性疾患は要相談)
 
 児童一人ずつタイムカードを作成し、ご利用時間の
  適正管理を行っております。
  ※無断での施設契約利用時間の超過。及び
   施設開所時間を超える利用があった場合は、
   それぞれ直接契約上の違約金を請求することと
   なっております。
   なお、本則も含め「当認定こども園直接契約」
   を締結することとなっております。
 
 ④月々の施設利用料や延長料金等は、施設指定の
  「ゆうちょ銀行」に納付していただきます
 ⑤納付の流れ
  ・当月分を当月下旬(毎月25日~26日を予定)までに納付
   ※前月の精算分(突発的な延長や遠足料金等)は、
   翌月の請求に合算させていただきます
 
 ⑥施設の安定的な運営を実施のため
  警視庁OB等を相談役や顧問として配しております
  必要に応じて、適切な対応をとる体制を常に整えております
 
 ⑦「私学補助制度幼稚園就園奨励費補助」および
  「私立幼稚園 園児教育費助成金」の対象外です
 
 ⑧送迎サービスはございません
  保護者の方による送り迎えが必須となっております
 
 ⑨いわゆる「一時保育」は実施しておりません
 
 ⑩全クラス「食物アレルギーによる除去食対応」ができます
  ※医師の診断による。
 
 ⑪全クラス「知的・身体障害児童」の受入ができます
   ※医師の診断、職員配置等によります。
   ※知的、身体的ハンデを理由とした いじめや差別をすることなく
   温かい心や助け合う心が培うよう 実践しております。
 
 ⑫進級説明会、懇談会、運動会、作品展、発表会、卒園式は
  土曜日に実施しておりますので、年6回の土曜利用休止日が
  ございます。また、職員働き方改革による土曜利用休止日が
  ございます。

   ※年間行事予定含め、事前に見通しよくお知らせいたします。